旦那に読ませたい

【悲報:ハラスメントの件】おじさんに届け!嫌よ嫌よは嫌なんだ。

最近、世の大人の男性たちがこういった言葉をよく言う。

なんでもかんでもハラスメントってつけりゃいいと思いやがって

確かに近年セクハラ、アルハラ、パワハラ、マタハラ等会社内だけでも〇〇ハラスメントというのがたくさんできてきた。

中にはスメハラ(スメルハラスメント)と言う匂いについてのハラスメントもあるようですし、ここ最近では社内だけにとどまらずカスハラ(カスタマーハラスメント)という顧客からの理不尽な要求ハラスメントというのもある。

もう友人の笠原君と笹原君もなんらかのハラスメントに加担してるんじゃないかとハラハラしてしまう。

さて、本日は男性にとって衝撃の事実をお伝えします。

「嫌よ嫌よは好きのうち」って言葉は嘘だという事です。

かめぴょん
かめぴょん
嫌よ嫌よは嫌なんだって!!

この事を知らなきゃ女性に嫌われてしまいます、心して続きを読んでください…

されて嫌なことが「ハラスメント」です

このハラスメントという言葉は、言われる側(おじさん側)からするととても面倒な言葉です。

何かにつけて

ハラスメントですよ!

と言われるのだ。

でも、よく考えたら普通にされて嫌な事を嫌ですと言っているだけなのだから、子どもに教えるように「人が嫌がることはしちゃいけません」と言う事に他ならないのです。

しかし、ある世代の男性というのは「謝ったら負け」とか言わなくても汲み取れ」と言う美徳感があるのでなかなか難しいところです。

「ハラスメント」という言葉が与えた社会的変化

なんともカッコよくタイトルをつけたのだが、これは読者(女性)に

かめぴょんって頭いいのね!素敵!

と思われたいからだ。

さて、ハラスメントという言葉はちょうど2000年位から力を持つようになりました。

ハラスメントという言葉が市民権を得た事によって、今まで「そういうもんだ」弾圧されていた声が生まれてきたのです。

具体例「アルコールハラスメント」

例えばアルコールハラスメントなんて分かりやすい。

僕が新入社員の頃はアルハラなんて当たり前だった。
超体育系の上下関係がある部署でしたし(ハウスメーカー)。

僕の場合、そこまで酒も強くなく泣き上戸だったこともあり←
そうとう面白がって飲まされました。

俺の酒が飲めないのか?
注ぎに来る時は自分の分の空グラス持ってくるのが礼儀なんだよ!
ビールのラベルは上向きだ

と、後輩には1度も言ったことのない謎のルールを押し付けられました。

今そんなおっさんに出会ったら

かめぴょん
かめぴょん
古いっすねー!
タイムリープでもしてきたんですか?

だが、23歳の僕には無理だった。
しまいには、土鍋のフタで一気飲みだ(飲み放題の安い酒)。

もう今なら完全にアウトでしょ?
でも、当時はアルハラという言葉がなかったのでそういうもんだと泣き寝入りしていたのだ(泣き上戸だから本当に泣き寝入りだ)。

だか、今の若い人達が同じことされたら「アルハラです!」と言えるだろうし、まわりも「それアルハラっすよー」と笑いながら言う空気も蔓延している。

なんと、素晴らしい世界だろうか。

ハラスメントに気が付いて

面と向かって嫌ですとは未だに言いにくいですよね?

〇〇ハラとは嫌ですと間接的に言っているだけなんですね。

嫌だったらハッキリ言えよコノヤロー

と思うかもしれないが、言えないものですよ、ハッキリは。

もうアレです。
女子が告白されたら「ごめんなさい」の後に、思いっきり嘘つくのと一緒です。

「今は受験に集中したいの」「かめぴょんの事は好きなんだけど友達としての好きなんだよね」等

セクシャルハラスメントを助長するバルス的思想

男性にはアルハラやパワハラが横行しています。

でも、女性の最大の障害はセクハラですね。
正確には男性もセクハラ被害を受けている事がありますが、それは別の機会に書きましょう。

セクハラも「そういうものだから」弾圧されていたのだと思う。
当時の女性は、今考えればセクハラだがその時は

・そういうものだ
・気の利かない女と思われたくない
・なに、コイツ私に欲情してるの?
(情報元:東中野の定食屋のおばちゃん調べ)

とか思っていたらしい。

そして、セクハラを助長するのもっともやっかいな思想がコレだ。

嫌よ嫌よも好きのうち

この言葉作ったやつ誰だ??

かめぴょん
かめぴょん
出てこい!
ぶん殴ってやる!!

と、息巻きたくなるくらいとんでもない言葉だと思います。

まず、この言葉を根拠に行動すると被害者しか生まないのである。

1.セクハラおじさんの発生

普通にやばいパターンです。

嫌です、やめてください!
もぉー、でも本当は嫌いじゃないんだろぉ

というあのノリだ。
しかも、そのノリに乗っからないと

なんだよ、ノリ悪いなぁ。
かまととぶりやがって

※かまととって何??

そんなのに対応してくれるのは、社員旅行の宴会場に来てくれる出張コンパニオン優しいスナック位だ。

ちなみに滋○県警では、宴会時に女性署員にプロレスのロメロスペシャルをかけセクハラ事件になった(女性はスカートだったようです)。

(↑獣神サンダーライガーの得意技)

該当ニュースはコチラをクリック

でも、そういうおじさんたちは普段そういうノリのいい娘達が対応してくれるもんだから自分はそういう事言っても許されるキャラと、思いこんでいるのです。

そして、勘違いしたおじさんは普通の女性にがっつり下ネタ言ってしまうのだ。

肝に銘じたほうがいい…

下ネタ言う時はお金が掛かるのだ
お金を払ってるからお前ごときの下ネタで女性は笑顔でいてくれるのだ!!

2、気弱な男のブースターになる

押しが弱い男性と言うとどうだろうか?

今なら草食系男子と言う言葉ができたが、昔は押して駄目なら引いてみろというめんどくせぇ言葉があります。

押しの弱い男性は確実にいて、彼らが思い切って押すのやめても気付かれもしないだろう。

そういう人達には、それなりのアピール方法があるのに、周りはこう言うのだ。

押して駄目なら押し倒せだ!!
いや、ちょっと僕のキャラじゃないというか
関係ねぇよ!
女なんてみんな待ってるんだよ!
嫌われちゃういますよ
嫌よ嫌よも好きのうちって知らねぇのか?
男は強引なくらいがちょうどいいんだよ!

こうやってそそのかされた奥手な男性が、意を決して女性に猛アタックしてくるのだ。

当の女性からしたら「なんか最近話してた優しそうな人が襲ってきた」のですある。
その後に、嫌よ嫌よと言っても通じず襲い続けてくるのです。

怖すぎね??

恐ろしい仮説!女性の○○は演技!?

「嫌よ嫌よも好きのうち」は幻想なのです。

女性の中には当然ながら嫌よ嫌よも好きのうち的な思想の人は一定数いるだろう。
(個人的にはめんどくせぇヤツだなと思っています)

ですが、こんな仮説があるのです。

嫌よ嫌よも好きのうちという言葉は

男性的思考

最初嫌がってたクセに、本当は嫌がってなかったじゃねぇか、照れやがって。

だが、しかし
女性は・・・

女性的思考

しつこいし、断るとめんどくさいから
一回相手してやった方が早い。

この仮説怖くね?

例えば、この仮説が正しければ「お茶」「ランチ」「二人で飲みに行く」もすべてめんどくさいからから1回相手してくれてる事になる。

人によっては、その先のいやーんな事もしつこいしめんどくさいからと言う理由なのかもしれない。

そうとは知らず

俺の押しが強かったからだ!
わっはっはっ!

と、今日も居酒屋で吹聴してるのではなかろうか?

もしかしたら!
僕とメールしてくれるあの娘やこの娘も

かめぴょん
かめぴょん
ねぇねぇ最近返信くれないけど、どうしたのぉ??

と言うキモいメールが来るくらいなら、適度に返してた方がめんどくさくないと言う理由でみんなマメに返してくれてるのではなかろうか!

そして、あの娘やこの娘という表現や、みんなまめに返してくれるという単語を使って「かめぴょんって色んな娘とメールしてるんだ」と思わせて「なんか、かめぴょんってモテてるんじゃないか感」をだそうとているのが僕という人間です。

そして、僕が読んだには恐ろしい事が書いてありました。

created by Rinker
集英社
¥1,430
(2020/08/15 00:36:59時点 Amazon調べ-詳細)

(↑タイトルとは違ってエロさはなく恐ろしい事が書いてある本)

いやーんの時に女性が感じたふりするのは「相手にしなきゃ不機嫌になるから応じるけど早く終わって欲しいからだそうです。

この仮説!
恐ろしすぎる!

ハラスメントを言える世の中にしたのは誰だ?

話戻をすがハラスメントという言葉についてです。

結局、長々書いたがハラスメントという言葉おかけで言いたい事を間接的に言えるようになったのです。

昔はこの言いたい事を「そういうもんだから」と弾圧されていた。

しかし、いつ変わったのだろうか??
そんな世の中にいつ変わったのだろうか?
これだけ言いたい事を言っていい時代にしたのは誰だ?

僕は気がついてしまったのだ。
彼が言いたい事も言えないこんな世の中に毒を吐いたからだろう。

反町隆史だ。

確かに、この曲が発売したくらいから〇〇ハラが市民権を得た。

みんな反町隆史に感謝しよう。

オマケ:原因はすべて・・・

書いてて思ったんだけどセクハラ、パワハラ、マタハラ、アルハラ等々、ほとんど原因って・・・

本日のまとめ

ハラスメントの原因のほとんどは

オッサンである!

もはや僕もおっさんに両足突っ込んでいるから言動には気をつけよう。

あと清潔感にを保てるように気をつけよう。

若い娘をちゃん付けで呼ばないように気をつけよう。

女の子に「ブログおもしろいです」って言われても浮かれないように気をつけよう。