かめぴょん思考

成年年齢の年齢引き下げ!でも、本当は若者に選挙に来てほしくない!

2016年に選挙権が与えられる年齢が18歳に引き下げられ、数年の時間が流れました。

そして2022年には「成年年齢」が、18歳に引き下げられました。

本日は若者が選挙に行く事がどれだけ重要であるかを、若者のかめぴょん(おじさん)が、学校では教えてくれない、とても重要な事をお伝えします。

かめぴょん
かめぴょん
本当に大切な事を書きます。
政治家からすると、若者は選挙に来てほしくないのです。
この記事でわかる事

誰に投票していいかわからない場合は「白紙投票」することが大切であるということ

若者が選挙に行かないと言う事が、実は政治家にとって都合がいいと言う事に皆さんは気が付いていたでしょうか??

本日は、そんな選挙の裏側をユーモアを交えてお話していきます。

ユーモアを交えるので無駄に長くなるのはお許しください。

選挙に行かない若者たち

僕は既に若者ではありませんが、実は選挙権を得た20歳から欠かさず選挙には行っています。

かめぴょん
かめぴょん
選挙にいけない時は、もちろん期日前投票をしているよ!

僕は若い頃から「若者こそ選挙に行こう!」と言い続けていますが、僕自身がもはや若者ではなくなってしまいました。

どうして、選挙に興味を持つようになったかというと、学生時代(19歳)の時に選挙関連のバイトをしたことがあるからです。

選挙会場で、選挙に来た人に投票用紙を渡すという仕事です。

そこで、思ったことは

かめぴょん
かめぴょん
本当にジジババしか来ねぇ!

若者は全然選挙に来ないのです。

アイドルの選挙には行きますが、ホントの選挙には若者は来ないのです。

正直なところ、選挙権の年齢を引き下げても投票率に変化はあるのだろうかと疑問が浮かびます。

そもそも投票率を見てみましょう。

(画像:総務省HPより引用)
かめぴょん
かめぴょん
直近(令和3年)で、55.93%です
若者だけじゃなく、全体的に半数は来てない!
かめ吉
かめ吉

政治家の仕事ってなに??

さて、皆さんは政治家の仕事って何かわかりますか?

政策を考えたり、議会に出たり…
かめ吉
かめ吉

ものすごくシンプルに言うと「税金の使い道を決める」事です。

かめぴょん
かめぴょん
そもそも税金ってなんでしょうか?

税金とは人々が国に対して支払うお金の事です。

これは「経済的に豊かな人は多く、貧しい人は少ない税金を国に納める」という大原則があります。

かめぴょん
かめぴょん
そして、集めたお金の使い道は3つあります!
税金の使い道3選!

①富の再分配

②公共事業

③景気の調整

ですが、限られた税金を平等に分配するのは無理です。
「どの世代が得して、どの世代が損をするのか」を采配するのが政治家の仕事です。

そして結論を言うと、政治家と言うのは票をくれる人の為に税金を使います。

1、高齢者は選挙に積極的に参加する
2、政治家は「選挙に参加するお年寄り」の票が欲しい
3、「選挙に参加するお年寄りのための政策」を立てる
かめぴょん
かめぴょん
わかりやすい構図でしょ?

税金ではありませんが、老齢年金が年配の人の方が有利な世代間扶養制度でも切り替わる予定すらないのは、若者が選挙に行かないからです。

世代間扶養制度

一人の高齢者を若者5人の保険料で支える仕組み。
少子高齢化では機能しない制度で、不景気により保険料が払えない若者が増えるが、高齢者はもらい続けているレガシーシステム

なぜ、こんなにも高齢者にとって住みよい政策ばかり打ってるかと言うと、損する若者は票をくれないからです。

私たちは、若者の住みよい社会を作ります!!

と、言うマニュフェストを掲げて選挙に出たとしても

若者達は

選挙なんて行っても、日本はかわんね~し
もうすでに日本は終わってる
どこの政党に入れても日本は変わらない
もう恋なんてしない
(究極の理由)

と、言って行きません。


選挙に行かなきゃ変わらない

政治家という仕事は、まず当選しなければなれないので「面倒くさがって選挙に行かない若者」よりも「選挙に行く高齢者」が生活しやすい社会を作ろうとするのは当たり前です。

かめぴょん
かめぴょん
若者が就職活動で「御社の企業理念に共感して…」という嘘を平気でつくのと一緒ですね!
例えがヒドイ!!
かめ吉
かめ吉

そして、先ほどの票でもありましたが投票率って40%とか50%なんです。

投票権がある人の半分程度で政治家を選んでいるのです。

かめぴょん
かめぴょん
50%近くは選挙に行きません。

しかも、若者を中心に選挙に行かないのです。

若者の選挙に対する大いなる勘違い

若者は選挙に行かない理由として、このような事を言い出します。

政治に期待できないので「行かないという意思表示」をしたと言う事です。

個人的には何かっこつけてるの?とは思いますが、このような理由で行かない人も多くいるのではないでしょうか??
そこで、本日最もお伝えしたい内容がコレです!!

かめぴょん
かめぴょん
本当に「政治に期待できない」のであれば白紙投票をして下さい。

なぜなら、政治家は次の選挙にも当選しなければいけないので、選挙に来た人達の「年齢と性別」をデータ化しているんです。

政治家は当選しなければただのニートですから、当選できるように作戦を考えなければいけません。

そこで、驚きの事実をお伝えします。

かめぴょん
かめぴょん
政治家は若者に選挙に来てほしくないのです!!
え?なんで!?
かめ吉
かめ吉

政治家は若者には選挙に来てほしくない理由

選挙が近くなると「若者の選挙離れ」や「政治的無関心」がメディアで叫ばれます。

そして、政治家の方々も「若者よ、選挙に行こう」と声を掛けます。

かめぴょん
かめぴょん
でも、なんか本気で若者に選挙に来て欲しい熱量が伝わりませんよね??

本気で若者に選挙に来て欲しいなら、もっと叫びますよね?

本音では来てほしくないのです。

なぜなら、若者が選挙に参加すると自分の当選確率が下がるからです。

どうゆう事??
かめ吉
かめ吉

例えば、あなたならこの戦況をどう勝ち抜きますか??

問題①:この状況で1位になるにはどうする??

100人の有権者がいます。
ですが、50人は選挙に来ません。
そして選挙に来る残り50人のうち40人は高齢者です。

はーい!
簡単でーす!
高齢者に有利な税金の使い方を約束しまーす!!

そうです、この場合は選挙に来た50人の中で過半数を取ればいいのです。

かめぴょん
かめぴょん
つまり、26票で1位になれますね!

では、次の問題の場合はどうですか??

問題②:この状況で1位になるにはどうする??

100人の有権者がいます。
全員が投票に来ます。
100人のうち60人は高齢者です。
40人は若者です。

うーん。ちょっと難しいなぁ。
でも高齢者の割合の方が多いから、やっぱり高齢者に税金を使うかな…

少し、戦況が変わりましたね。

この場合は選挙に来た過半数を取るためには50票必要になります。

そして、高齢者60人、若者40人だと50票取るには、どうしても若者にも税金を使う道を示さなければなりません。

でも、若者に加担しすぎると高齢者からの票は集まりません。

かめぴょん
かめぴょん
先ほどより、難易度は上がりましたね!
若者が選挙に参加しちゃうと難易度が上がってしまいます
なるほど!
だから来てほしくないのか!
かめ吉
かめ吉

さて、もう一問考えてみましょう。

問題③:この状況で1位になるにはどうする??高齢者が60人います。

若者が40人います。
2016年から選挙権の年齢が引き下げになったので、18歳から19歳までの人が20人増えました。

そして全員選挙に参加します。

あなたならどう闘う?

さぁ、この戦況で過半数(トップ)を目指すにはどうすればいいでしょうか??

高齢者に特化したマニュフェストを掲げても、若者たちが

いやー、それだと僕ら若者めっちゃ生きにくい
は!
高齢者に忖度(そんたく)しすぎて草www

となり、結果的に選挙に勝てずニートになるわけです。

もし、こうなると「高齢者特化型政策」「若者特化型政策」「バランス型政策」の3つの政策で議論されるわけです。

かめぴょん
かめぴょん
そして、最も声の大きい政党が勝つのが選挙です。
むしろこれが本来あるべき姿です。

最初に言いましたが、政治とは「みんなから集めた税金の使い方を決める」事です。

今はすべての政党が「高齢者特化型」の税金の使い方を提案しています。

なぜか、わかりますか??

かめぴょん
かめぴょん
若者が選挙に行かないからです!!
いや、でも「若者特化型」の政党がないなら若者は選挙に行っても意味ないじゃん。
かめ吉
かめ吉
かめぴょん
かめぴょん
そこで白紙投票の出番なわけです。


選挙に来た人はデータ化されている!!

僕は投票所でバイトをしていたのでわかりますが、実は誰が投票に来たかというデータは全て取られています。

選挙に行く時はハガキを持っていきますよね?

あのハガキと引き換えに「投票用紙」を渡しているので、選挙に来た人のハガキを集めれば「年齢」「性別」がわかります。

選挙に出る人は負けたらニートなので、このデータを基に作戦を立てるわけです。

そして、今は先程の設問で言うところの問題1の状態なので「高齢者」「男女とも」が最も多いというデータが取れます。

この層からの投票を勝ち取らなきゃ明日からニートになっちゃうので、全政党もれなく高齢者を大事にします。

逆に言えば、高齢者さえ抑えときゃ勝てるという戦況です。

しかも、高齢者は「変化」を嫌うので、「今までどおり高齢者を大切にする政党」ということで、いつも入れてる政党に投票わけです。

かめぴょん
かめぴょん
高齢者の家には新種のカップラーメンはなくて、昔からあるカップラーメンがあるのと同じです
迷ったら定番!!
かめ吉
かめ吉

さて、ここまで読んだら、皆様もうおわかりですよね??

現在の状況は、若者は選挙に行かない「現在の政治家にとって勝ちやすい環境」なのです。

逆に若者が選挙に参加されたら、先ほど説明した通りで選挙の難易度が上がってニートになる可能性が上がってしまうんです。

だから、既存の政治家は選挙に若者は来て欲しいとは本気では言えないのです。

かめぴょん
かめぴょん
若者に来て欲しいのは新興勢力だけですね!

「白紙投票」の威力は実はすごかった!

さぁ、本題になりますが若者がみんな選挙に行けば、政治家の選挙の難易度はあがるため、若者向けの政策も出てきます。

しかし、今選挙に行ってもどの政党も「高齢者向けの政策」ばかりなので、若者の投票先がないのが現実です。

若者が選挙に行って、自分が投票した政党が当選しても、自分にとって何もいい事がないのです。

そこで登場するのが「白紙投票」です。

文字通り、選挙には行くけど何も書かないで投票するのです。

かめぴょん
かめぴょん
実は白紙投票は、どこかに投票するよりも効果があるのです

どういうことかと言うと、若者は選挙に行ったけどどこにも投票しなかったというデータが増えれば、政治家は若者に住みよい政策を取らざるをえなくなるのだ。

先ほどの「行かないという意思表示をしました」という、彼は既存の政治家の思うつぼだったのです。

そうだ!イケメンに税金をかけよう!!

さて、もしも選挙に行ってない人たち新たに選挙権を与えられた18歳と19歳の若者力を合わせたらどうなりますか??

かめぴょん
かめぴょん
日本を変えられるのです!!

大げさに聞こえるかもしれませんが、このデータを見てください。

このように、投票する政党や候補者が一定しない有権者の票や、白紙で出す人の票を浮動票と言います。

つまり、この多くの浮動票の持ち主の心に刺さるマニュフェストを掲げる政治家が現れたとします。

仮に僕が「イケメンには税金をかけよう!!」というマニュフェストを掲げたとします。

ひどいキャッチフレーズ!
かめ吉
かめ吉

仮に、選挙に行かなかった4992万人の浮動票が「かめぴょん」にこぞって票を入れたとする。

その後、僕に賛同する若き政治家たちが育ち、衆議院・参議院の議席の多くを獲得するとします。

そうすると、イケメン税という法案が衆議院参議院で可決されれば、本当にイケメンには税金がかかってしまうのです。

かめぴょん
かめぴょん
だって日本は民主国家ですから!!
【俳優 吉沢 亮:課税対象】

(画像:「ViVi」より引用)
SixTONES 松村北斗:課税対象】

(画像:「ViVi」より引用)
【THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 吉野北人:課税対象】

(画像:「ViVi」より引用)
【サンボマスター山口隆:非課税】

かめぴょん
かめぴょん
イケメンに税金をかける事「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」

(サンボマスター超カッコいい)


連立政権の可能性

しかし、他にもかめぴょん党以外の新勢力が出てきた場合は簡単には政権は取れません。

それが政治と言うもです。

例えば「裸で何が悪い」というマニュフェストを掲げ、新しい地図の草薙剛さんが立候補した場合どうなるでしょうか?

関連ニュース

元SMAPの草彅剛氏は2009年に泥酔して全裸で捕まりました。
その際「裸で何が悪い」と言う名言を残した。

しかし、草彅剛さんはジャニーズ事務所を退所後に全裸事件を逆手にとって「全裸監督」のに扮して見事に笑いに昇華しました。

(画像:「ガキの使いやあらへんで」より引用)
かめぴょん
かめぴょん
こんなん絶対笑っちゃうでしょ!!

そして、もしも「かめぴょん党」と「草薙党」が 連立政権を組んでしまったら・・・

イケメンに重課税がかかり、非イケメンは全裸でうろうろしているという、女性からしたら地獄以外何でもない世界が出来てしまいます。

(↑マジで全裸でうろうろしている地獄絵図)

よかったですね。
女性にも選挙権があって。

昔は女性に選挙権はなかったんです。
この地獄を止めれるのは女性の投票だけです。

さて、イケメン税の話は冗談ですけど、本当に眠っている「浮動票」と言うのは日本を変える底知れぬパワーを持っていることを理解しましょう。

なので、18歳19歳の新投票権取得者の皆さん。

かめぴょん
かめぴょん
是非、選挙に行きましょうね!

どこに入れようが自由ですが、入れるところがなければ白紙投票をしましょう。

読者登録して
かめぴょんの新着ブログ通知を受け取ろう!!
↓↓↓


こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です