旦那に読ませたい

義母が生んだ悲しい生物は今日も何もせず、私はただ悲しいふりをする

居酒屋で既婚男性と飲むと必ずこの話になる。

家事どの位やってる??

という話題だ。

まぁ、自慢じゃないが僕はかなりやっている方だと思う。

こんにちは主婦より主婦のかめぴょんです。

一人暮らしをしていた時も部屋はキレイだったし、自炊もしてた。
寮に住んでいたのですが、僕の部屋に白いご飯を持って集まる会なんてのもあった。

基本的にすべての生活を一人でできるようにならなきゃ大人じゃないと、僕は思っています。

義母が生んだ悲しい生物

しかし、日本の男性は愛情と言う名の元に、お母さんに全てを世話をしてもらい、一人暮らしもせずに、結婚してからもしてもらう事が当たり前すぎて、奥さんに「それくらい自分でやんなさいよ!」と言われても、何がそれくらいで、なぜ怒られているかわからないという悲しい産物を作り上げてしまったのだ。

でも、それは愛情ではないのだ。
「親が子にしなきゃいけないことは鮭を与えることじゃない、鮭の取り方を教えることだ」と、ヒグマのドキュメンタリーで母グマが言ってた。

(画像:ナショナルジオグラフィックより引用)

なんなら

あんた(母親)が甘やかしたせいで、そのツケは嫁にいっているという事をお忘れなく。

と、嫁陣営は思っている。
だが、数十年前はその姑もそのまた姑にそう思っていたのだろう。
戦争がこの世からなくない理由がここに見えた気がします。

そういえば、ヒグマで思い出しました。
僕は北海道出身なんですが、東京の人にたまに

クマとか見たことあるんですか?

と聞かれる。

・・

・・

・・

かめぴょん
かめぴょん
あるわけないじゃん!
見た時は死ぬ時だからね。

絶滅危惧種だが実在する

でも、こんな悲しい生物は絶滅に向かっているのだ。

今の若い男の子達は、家事は女仕事だとかは考えていない。
(僕は37歳ですが、最近25歳くらいの男子とよく遊んでいます)

突然ですが女性の皆さん、恋人は年下を選びましょう。

僕達や僕たちの上の世代には、まだこの悲しい生物は実在する。

そして、そんな悲しい生物には危険ワードがある。
もし、パートナーがこのような言葉を使ったら要注意だ!!

・男子厨房入らず
・俺は仕事で疲れてるんだから、休みの日くらいゆっくり休ませろ
・謝ったら負けを認めた事になる
・いいよな主婦は…昼寝できて

これは男が外で働いて女は家を守れ!と言いつつ共働きを強要してくるパターンだ。

さて、本題だか最近は男性も家事参加してきている割合が増えた。
居酒屋で聞く限りみんな「家事やってるよ!」というのだ。

そうなのだ。

悲しい生物は絶滅に向かっているのだ。
だって居酒屋で話していたって、みんな家事やってるよ!って言ってるもの。

少なくとも家事なんて女のすることだ!!って言う人はいないです。

【女性閲覧注意】これが男の家事だ!!

そこで、男性に具体的に何やってるの?と聞くと

おおよそ「ごみ捨て」「風呂掃除」が多い。
※風呂掃除は「週末のみ」で平日はカウントされません。

続いて「食器洗い」がノミネート、「洗濯」はやる人もいたかなぁ?
「掃除」はあんまりいなかったぁ。

炊事は圏外でした。
(稀に潔癖すぎて異常に掃除機かける人もいる)

そうなのだ!

男達はみんな結構家事しているのだ!!
(男性側の主張)

統計学で200%が出ることがある

さて、僕は主婦の友達も多いので女性側からもいろいろな意見を聞くことができる。

同じような話題で「あなたの旦那さんは家事やりますか?」と聞くと、200%の確率でやらないと返ってくる。

全員がそう答えるのだ。
全員ですよ、全員。
そして、僕のように「家事をする男性」を見ると

ウチにもかめぴょん一台欲しいわぁ

と、人を家電扱いしてくる始末です。

さらに、全員がしかめっ面でドスのきいた声で言ってくる。

ほんと、ウチの旦那なんにもやらない

「ほんと」の部分を凄まじく強調して言ってくるのです。

男性の僕としては主婦の怒りは、映画シャイニングを見た時と同じ恐怖を覚えた。

しかし、これはどういう事だ??

数字が合わないのだ。

だって、居酒屋では男性のみんなは家事やってる!!
って言ってたのに、女性側からは男は家事やらない!!という声が響き渡っている。

いや、単純に居酒屋で飲んだ男性の奥さんと話しているわけではないから、数字が合わなくても不思議じゃないと言いたいのはわかる。

でも、統計学的に考えて、あれだけ男性は家事やってる!!って言ってるのに。
女性が200%の割合で男は家事をしない!!って言うのだ。

そもそも統計学で200%なんてありえないのだ。

これは、どっちかが嘘をついているのか?
そうなってくると、どちらが嘘をついているか検証したいところだ。

検証

まず、家事を分類しよう。

・炊事
・洗濯
・掃除
・ごみ捨て
・洗い物
・風呂掃除

の6項目だ。

(居酒屋で聞いた限りの)男性がやっているのは ごみ捨て風呂掃除洗い物洗濯だ。

どうだ!

6項目のうち4項目をおこなっているじゃないか!!

確かに、残り2項目の炊事と掃除、特に炊事は手間もかかるから…

と、単純計算でないことはわかる。

だがしかし、6項目中の4項目だ!!

どうだこのやろうっ!!
何か言い返すことはあるかーっ!!

主婦たちよ、俺たちの声を聞きやがれ!!

男は、仕事した上で、こんなにやってんだぞ!!

形勢逆転!家事を分類すると男性はやっていない

もしここで終わったらクソブログなのですが、キチンと女性目線でも考えてみました。

なんで、家事をしても200%何もしてないと言われてしまうのか。

ここからは特に男性に読んでもらいたい。
男性は驚愕するかもしれない…

まず、男性がやった家事だが例えば洗濯

洗濯したよ!

と言うが、何をしたのだろう

洗濯とは

・白物と色物を分ける
・洗剤を入れる
・スイッチを押す
・干す
・たたむ
・しまう

おおよその男性はおそらく干すまではやっているだろう。
しかし、たたむとしまうは主婦がやっているのだ。

もしかしたら、居酒屋で洗濯やってるよ俺!と言っていた人は「スイッチを押す」だけの人いるかもしれない。

ご本人は洗濯機とともにパートナーの怒りスイッチも押していることに気づいていないのだ。

うちは乾燥機付きだから

とかくだらねぇ反論はしないでください。

洗い物とは?ごみ捨てとは?

続いて、洗い物だ。
洗い物も食器洗って水切り台におくまで

俺は洗い物やってるんだ!

って言ってませんか?

その後、主婦が拭いて食器棚に戻してるんですよ。

ごみ捨てだってそうです。
捨てたあとのゴミ袋の設置

これだって主婦がやってるんです。

いや、ごみ袋の設置くらいで反論するなよ!

って言いそうですが、ごみ袋は二度人を傷つける。

一度目は、デカいゴミ箱のふたを開けた時にゴミ袋がない時だ。
この時に出てくる言葉は

またか!!

である。

そして、もうひとつゴミ袋を設置しないと、そのまま平気でゴミを入れてくる事だ。

だから、男たちは6項目中4項目やってんじゃん!!って言いますが、全然違います。

主婦はあんた達がちょっとだけやったことの続きをすべてやっているんです。

だから、男たちが壊れるほど頑張ったて1/3も伝わらないのです。

主婦たちよ俺たちの声を聞きやがれ!

そして、男性の皆様に大切な事をお伝えしよう。

ごみ捨て(ゴミ袋を家からゴミ置き場まで運ぶ作業)を家事に分類してる時点で主婦たちは腹が立っているのである。

風呂洗いも同様であれは家事とは呼べない。

風呂洗いは子どものお手伝い枠だ。

それをいい大人がさもやりました感を出された日には、 主婦たちはアーノルド坊やと化しこう言うだろう。

冗談顔だけにしろよな!!

おわかりいただけただろうか?

我々男性は何も家事なんかしちゃいないのだ!!
子どもの頃褒めてもらえたお手伝いを家事だと勘違いしているのだ。

最後に

かめぴょん
かめぴょん
主婦たちよ俺たちの声を聞きやがれ!!

 

いつも、ありがとうございます!!