【PR】アフィリエイト広告を利用しています。

お笑い芸人について

ザセカンド漫才2024の審査員は誰?松本人志はどうなるの?

ザセカンド漫才2024の審査員は誰?松本人志はどうなるの?

昨年からスタートした、新しい漫才の賞レース「THE SECOND(ザセカンド)」ですが、2024年は5月に開催予定となっています。

出場条件が「芸歴16年目以上の漫才師」という新しい縛りの大会となっています。

放送はフジテレビ系列で予定されていて、現在予選が行われています。

さて、Mー1グランプリや、キングオブコントなどで、たびたび問題となるのが「審査員問題」です。

芸人にとって一生を左右する程の大会であるので、審査員がテキトウだったり。一部に肩入れしたりすると、必ず炎上します。

ちなみに、昨年は今話題の「松本人志」さんがスペシャルアンバサダーを務めていました…今年はどうなるのでしょうか?

では、このザセカンドの「審査方法」はよくできていますので、しっかりとご紹介いたします。

ザセカンド漫才2024の審査員は誰?

まず、ザセカンドの対決方法はトーナメント方式(勝ち抜き)です。

漫才師同士が1対1の対決をして、駒を進めていきます。

ザセカンドは「8組の漫才師によるトーナメント」なので、優勝するには3回ネタを披露することになります。

結成16年以降のベテラン漫才師だからこそ、「3ネタ」という驚異の数をこなせるわけです。

かめぴょん
かめぴょん
しかも、ネタ時間も6分と結構長めです。

M-1グランプリは「ランキング方式」で、上位3組による最終決戦があります。

しかし、

 

審査方法は、漫才師による審査員は一切なしです。

ザセカンドの審査員は誰?①芸人による審査員はいません

ザセカンドの審査のおもしろいところですが、「芸人による審査」はありません。

一般客の100人が審査員となります。

ネットで情報検索をすると、「ザセカンド2024の審査員を予想!」等の見出しの記事を見かけますが…

かめぴょん
かめぴょん
そもそも、芸人による審査員はいません!

おそらく、「M-1グランプリ」や「THE MANZAI」と勘違いしているのだと思います。

ダウンタウンの松本人志さんが、スペシャルアンバサダーとして就任されていますが、アンバサダーは「審査員」ではなく、立会人や見届け人といった意味合いの立場です。

松本人志さんって、なんかジャッジするイメージがありますが、ザセカンドについては審査にまったく無関係となっています。

ザセカンドの審査員は誰?②一般人による審査方法

審査員は、一般人100人となります。

どうやって審査するの?
かめ吉
かめ吉

まず、一般人100人の前で漫才を行います。

一般人の審査員100人は、スイッチを持っていて、漫才終了後に以下のスイッチを押します。

・とてもおもしろかった:3点
・おもしろかった   :2点
・おもしろくなかった :1点

そして、その合計点を争うと言うシステムです。

しかも、「誰が何点入れたか」もキチンとわかる、とても公平なシステムです。

ちなみに、同点だった場合は「3点」が多く入った方が勝ちと言うルールです。

この審査方法は、非常に評判がよく、番組放送後のアンケートでも72%の人が「良かった」と評価しています。

テレビを見ている人による、「dボタン」や「インターネット投票」だと、ネタに関係なく「好きだから」と言う理由の推し票で不公平感が発生してしまいます。

また、芸人の場合は「プロの漫才師目線」もよくわからない時があります。

かめぴょん
かめぴょん
結成16年目以降となると、事務所の上下関係とかも発生するしね

そこへいくと、ザセカンドの「目の前の一般人100人」というのは理にかなっている審査方法と言えます。

誰が一番、目の前の客を笑わせたかが審査ポイント

ザセカンドの審査員は誰?③一般人が審査員になる方法

ザセカンドの審査員は一般人によるもので、応募方式になります。

公式HPからの応募となり、2024年1月現在は、まだ募集されていません。

昨年は5月20日に放送で1ヵ月前の4月22日に、公式X(Twitter)で告知がありました。

かめぴょん
かめぴょん
審査員になりたい方は、公式X(Twitter)をチェックしておきましょう!

以下は去年の告知文章ですが、アカウントは2024年も同じものですので、フォローしておきましょう。

ザセカンド松本人志はどうなるの?

2023年の年末の文春砲(スキャンダル)により、松本人志さんは芸能活動を中止する事が発表されました。

松本人志さんも「事実無根」を主張しており、吉本興業も「名誉棄損である」という姿勢でした。

しかし、2024年1月8日に吉本興業は「松本人志さんの芸能活動中止」を発表しました。

これが、スキャンダルを認めるという事なのかは、別問題なのでしょうが不穏な空気が流れています。

ザセカンドのスペシャルアンバサダーの松本人志さんが、どうなるかは現時点では公式HPでも未発表となっています。

事実無根なのに、なんで芸能活動を中止するの?
かめ吉
かめ吉

松本人志さんはダウンタウンとして。2025年開催予定の大阪万博のアンバサダーを務めています。

そこで、このようなスキャンダルが取りだたされると「松本人志が出る、万博なんてやめちまえ!」という、万博アンチのトリガーになる事が懸念されているからと言われています。

事実はわかりませんが、ザセコンドのアンバサダーは変更となる可能性は高いと言えます。

代わりのアンバサダーは「上沼恵美子」「オール巨人」「中川家(礼二)」「ナイツ(塙)」、あたりでしょうか。

ただし、司会は「東野幸治さん」のままなので、審査員はあくまでも一般人100人なので大会の大勢に影響はないと言えますね。

まとめ

ザセカンドの良いところは、審査が公正であるという事です。

これは、ザセカンドの総合演出を担当された日置さんの「審査員が炎上するのをもう見たくない」という、気持ちが反映されたものです。

他の漫才賞レースでは「審査員が、審査されている」かのように、たびたび炎上します。

かめぴょん
かめぴょん
上沼恵美子さん、立川志楽さん、山田邦子さん等ですね…

そこでいうと、この一般客100人システムは非常に有効だと思います。

そして、このシステムの芸人によるメリットは「松本人志の影響を受けない」ということです。

松本人志さんが審査員でいると、どうしても「松本人志に好かれるネタにする」という傾向があります。

M-1でも、ランキングが高くても「松本人志にはウケなかった」となると、おもしろくないという烙印をおされたという風潮があります。

M-1GP2019年で「ニューヨーク」が、松本人志さんが「ツッコミがヘラヘラしてる」「もっと怒った方がいい」と酷評しました。

それ以降登場した芸人は、「ツッコミ」が強くなりました。

良くも悪くも、「松本人志さんを気にしないで漫才をしていい」というの、漫才師にとってもノビノビ出来る環境と言えます。

また、持ち時間6分と言うのも「芸人が遊び心を出せる」ということで、非常におもしろい大会です。

2024年のザセカンドは、5月のゴールデンタイムに放送予定です。

ベテラン漫才師の本気を楽しみにしましょう。

ABOUT ME
みんなのかめぴょん
41歳のただのおもしろ会社員です。 DJ、漬物、キックボクシングが趣味です。
こちらの記事もおすすめ!